目元が気になり始める40代にはアイケア化粧品がおすすめ

顔の手入れ

品数や疑問も増える年代

自然と女の人

導入するアイテムが増える

40代の肌に必要な化粧品には、保湿や濃密などを謳うジェル・クリームが展開されているものの、化粧水や乳液と異なり、質感のその違いに難色を示すのも悩みの1つです。こうした点に着目し、Q&Aなど化粧品に関する疑問に応える相談窓口が提案され、話題を集めています。ジェルもクリームも化粧水後の潤いにフタをする役目があり使用感の違いが挙げられています。ジェルはさっぱりした使い心地で、皮脂によるベタつきなど脂性肌に適しており、クリームはふんわり軽やかなテクスチャーながら肌にしっとり溶け込むため、ドライスキンな肌に適しています。生活習慣などに左右されやすい40代の肌コンディションに特化させるには、単品使いはもちろんジェルの後にクリームを重ねるなど、併せ使いも時として美容部員からおすすめされている内容です。

時間による印象

40代では朝のスキンケアで水分を与えても、時間の経過によって肌の潤いは減少しやすく乾燥は様々な肌トラブルを招きやすくなるため、日中も外から補うこまめな保湿ケアが必要となります。特に40代の肌は夕方以降ではくすみやシワが目立ちやすくなり、一気に老けた印象を与えてしまいやすいため、化粧品を利用する場合にはメイクの上からでも使えるアイテム選びがポイントです。例えば、シュッとひと吹きできるミストであれば、手軽に潤いチャージができます。その他、目元や口元を動かすことにより、退社する時間に小ジワが深くなり、ファンデーションなども詰まりやすくなるため便利なアイテムとしては携帯しやすいスティックタイプの化粧品を用いることもポイントです。コラーゲンやローヤルゼリーなど、美容成分配合であれば、40代となる年齢サインに積極的に働きかけることができふっくら若々しい肌が時間の経過に関係なく整えられます。