目元が気になり始める40代にはアイケア化粧品がおすすめ

顔の手入れ

エイジングケアが肝心

笑顔の女の人

肌機能の衰えが始まる

40代になると、多くの女性が肌の変化を感じとると言われています。これまで使用してきた化粧品が合わなくなった、いつの間にかシミやくすみ、シワやたるみが目立ってきた等、肌への自信が揺らぎだす頃とされているのです。一般に、40代は肌機能が衰え始める時期です。この原因は、更年期が近づき女性ホルモンの分泌が減少するためと言われています。女性ホルモンは、肌や髪、体つきといった女性特有の美しさを保つために欠かせないものです。しかし、閉経に向けて女性ホルモンは減少していくことから、更年期の入口に立つ40代になると肌機能はどうしても衰えてしまうのです。しかし、エイジングケアを行うことで衰えをくい止め、みずみすしい肌を保つことが可能です。ただそれは、できるだけ早く行わなければ回復が非常に困難になってしまうことから、肌の変化に気づいたら早急に化粧品等のスキンケア対策を行うよう注意が必要です。

ケアに必要な成分とは

40代のエイジングケア対策は、基礎化粧品選びが最大のカギとなります。現在、化粧品メーカー各社ともエイジングケアに対して非常に力を注いでおり、次々と新商品が開発されています。こうしたたくさんの商品の中から自分に合うものを見つけるには、まずはどんなケアを最優先したいのかを考えることが重要です。たとえば、シミへのケアを重視するなら、その効果が高いとされるビタミンC誘導体やレチノールといった成分が配合されている化粧品が良いとされています。なお、ビタミンC誘導体は肌の真皮の主成分であるコラーゲンの生成にも役立つことから、シミやたるみ対策にも効果的と言われています。また、40代の肌は一般に乾燥しがちとされ、潤いを与えることが欠かせません。そこで、肌の潤い成分であるヒアルロン酸やセラミド等が配合されている化粧品が推奨されています。